参加した母親と子どもたちと山尾議員

 子どもが保育園の入園審査に落ちた憤りを国にぶつけた匿名ブログ記事への共感から始まった、保育制度の充実を求めるネット署名運動の賛同者が9日午後、国会を訪れ、この記事を国会で最初に取り上げた山尾志桜里衆院議員に署名簿を手渡した。

 このブログの記事は「保育園落ちた日本死ね!!!」。過激な言葉遣いながら同じような体験を持つ人たちの切実な心情を代弁しているとして共感を呼び、インターネット上で評判が広まり、テレビや新聞、雑誌も取り上げるまでになった。

 待機児童問題に直面する当事者の「悲鳴」を知ってもらおうと、山尾議員が、テレビ中継された2月29日の衆院予算委員会集中審議でこのブログの記事を読み上げたところ、与党議員席からは「誰が書いたんだよ」「中身のある議論をしろ」「本人出てこいよ」「うざい」などのやじが飛び、安倍総理も「匿名である以上、実際本当に起こっているか、確認しようがない」などと、まともに答弁しなかったことから、ネット上では瞬く間に怒りの声が拡散。3月2日にはツィッターで「#保育園落ちたの私だ」のハッシュタグが作られ、自分の体験や意見を発信する人たちが次々と現れた。さらに、ネット署名サイト「Change.org」(チェンジ・ドット・オーグ)で「#保育園落ちたの私と私の仲間だ」と題して「国会議員に実際に何が起こっているのかを届けよう」との署名の呼びかけが4日から始まると、開始わずか48時間で2万人を超える署名と、育児の当事者や経験者などの多くの体験コメントが寄せられた。署名は9日午前10時半時点で27682人に上った。

 この日はキャンペーンの発信者の呼びかけに応じた母親と子ども4組や家族が、国会議員会館の会議室に集まり、まずネット配信された衆院厚生労働委員会での山尾議員の質疑を見守った。山尾議員は質疑の中で、この署名活動に寄せられたコメントのいくつかを紹介し、塩崎厚労相に当事者と会って直接この署名を受け取るよう求め、大臣も直接受け取る考えを示した。その後、質疑を終えて会場に駆けつけた山尾議員と懇談し、署名簿を手渡した。

 署名簿を受け取った山尾議員は「最初に私が取り上げた時に、匿名だから、誰が書いたかわからない、と言ったあの安倍さんの時よりは、みなさんの気持ちが少しずつ政治を動かしているんだなと思う。この問題は与党も野党もない。政治が皆さんの声を聞いて、子育て支援や待機児童対策を実現させていきたい」と語った。

 会場には多くのマスメディアも詰めかけ、山尾議員は、短期間で多くの署名が集まったことについて、「今まで子育て中のお母さんは、時間もない、出かけることもままならない中で、こういう声を広げるのは難しかったと思う。ブログやその反響でみんながネット上でつながっていって、これだけ声を広げて、目に見える形にして国会に届けてくださった。その思いを無駄にしたくない」と記者団の質問に答え、寄せられた声を党内でも共有して、保育制度の充実に取り組む決意を改めて示した。

 この後、スケジュールの調整がつき、山尾議員と母親たちは、国会内で塩崎厚労相と会って署名簿を直接手渡し、内容を受け止めて対策をきちんとやってほしいと求めた。

塩崎厚労相に署名を手渡す

塩崎厚労相に署名を手渡す


署名簿とコメント

署名簿とコメント