釧路市内の鈴木貴子選挙事務所で支持者に演説する玄葉選対副本部長

 玄葉光一郎選対副本部長は11日午前、北海道7区の鈴木貴子候補の応援のため釧路入りした(写真上は釧路市内の鈴木貴子選挙事務所で演説する玄葉選対副本部長)。

 予定されていた街頭演説は悪天候のため中止となったが、玄葉選対副本部長は鈴木選挙事務所を訪れ、集まった支持者に対し鈴木候補への支持の輪を広げるよう訴えた。

 外務大臣時代、北方領土問題で鈴木候補の父鈴木宗男氏に何度かアドバイスを求めたとして、「それが信頼関係につながった」と玄葉副本部長。「大局的に見て、ここ北海道では民主党と新党大地とは同じ方向を向いている」という認識を示し、「私どもの方から協力を申し入れた」と、鈴木候補出馬の経緯を説明した。

釧路市内の鈴木貴子選挙事務所には大勢の支持者が集まった

釧路市内の鈴木貴子選挙事務所には大勢の支持者が集まった

 玄葉副本部長は、「安倍政権は年金積立金を株式運用に使って株価を支えたり、戸別所得補償を縮小し、その結果米価下落で農家が困っている」などと安倍政権の問題点を指摘した上で、「自民党がこの選挙に勝てば、安倍さんは自分がすべて信任されたと言うだろう」として、そのようなことにならないよう、若い鈴木候補への支持を訴えた。