兵庫県連は9月13日、神戸市内にて男女共同参画委員会と青年委員会の共同企画として「子育て支援・少子化対策に関する意見交換会」を開催した。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事の村上誠氏を講師に招き、男性の育児参加についての課題を中心に、講演と意見交換を行った。

 家庭内における共同参画の意識改革はもとより、職場の管理職層が男性の育児参加に理解を持つことの重要性や、育児中の母親を社会から孤立させないためのつながりを重視したサポート、現在の厳しい雇用環境・賃金事情を踏まえ共働き世帯を標準モデルに据えた政策転換の必要性など、子育て支援の現場の視点からみた様々な課題について、村上氏にご講演いただいた。

 講演後は、様々な世代から集まった参加者約20名全員が各々の子育て経験談や将来設計に対する不安・悩みに関する質問などを交えながら意見交換を行い、多様な家族のあり方や家庭と仕事の両立といったワークライフバランスに関する諸問題について村上氏との一問一答形式で意見を述べ合った。

(報告:兵庫県連事務局)